成年後見制度とは

成年後見制度について

成年後見には、法定後見と任意後見があります。
認知症、知的障害、精神障害などで判断能力がすでに低下している方には、法定後見制度が利用できます。

また、現在は元気で支障がないが、万が一法的支援の必要があった場合に備え、支援内容・方法を今のうちに信頼できる人に頼んでおきたいという方は、任意後見制度が利用できます。

両制度とも親族が後見人になるのが最も理想的です。
また、後見人候補者が親族内でご用意できない方には、弁護士が後見人として管理する場合もあります。

成年後見人のメリット

  • 本人が詐欺等にあっても、成年後見人が契約を取り消すことができる。
  • 成年後見人の地位が公的に証明される

成年後見人のデメリット

  • 選挙権を失う
  • 会社の取締役や医師等の一部の資格に制限がある

法定後見人(後見人・保佐人・補助人・選任申立人)ご依頼の流れ

  1. 面談
  2. ご希望の方針、お見積
  3. 申し立て書類の作成
    (医師の診断書作成依頼、財産目録・収支状況報告書作成、戸籍謄本等取得、)
  4. 地方裁判所に申し立て
  5. 調査官と面談
  6. 後見人選任審判
  7. 後見業務(財産目録、財産管理など)