相続税・贈与税とは

相続税とは

相続税とは、ある人「被相続人」が亡くなった場合に、その人が残した財産を相続、遺贈等によって取得した時「相続人」にかかる税金のことです。
「被相続人」の死亡後10ヶ月以内に手続きを完了しなければなりません。

基礎控除額について

現在、相続税には【基礎控除】という大きな控除額があります。
この【基礎控除】のおかげで、『5,000万円+法定相続人の数×1,000万円』までは、非課税で相続する事ができます。

例えば、父、母、子供2人というご家族では、父の財産が『5,000万円+3人×1,000万円=8,000万円』以下であれば相続税の心配はしなくていいという 事になります。

5,000万円+法定相続人数×1,000万円=基礎控除額

特例利用(小規模宅地の特例)

被相続人と生計を同じくし、そのまま居住する場合、240平方メートルまでは土地の評価を80%減額して計算することができます。

240平方メートルまでの土地の評価額×0.2=相続対象評価額

相続税率

相続税は、課税される遺産が多くなるほど税率が高くなる、累進課税方式になっています。
税率は10%から最高50%までとなっており、以下の表で計算することができます。

法定相続分に応じる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

相続税の計算手順

(1) 各人の課税価格の算出

プラスの財産-(非課税財産+マイナスの財産+債務控除額)=遺産額

遺産額+相続開始前3年以内の贈与財産 =課税価格

(2) 課税遺産額の算出

課税価格-基礎控除(5,000万円+1,000万円)=課税遺産総額

(3) 法定相続各人の取得額算出

課税される遺産額を法定相続人の数で分配

(4) 相続税総額の算出

分配された課税遺産額×相続税 =相続税額

※これを合算して、相続税の総額を出します。

(5) 各人の実際の相続税額の算出

相続税の総額を実際の遺産相続の割合で配分-税額控除 =相続税額

相続税の申告・納付について

遺産分割協議が終わっていなくても、相続開始から10ヶ月以内に申告、納付が必要です。 あとで、修正申告税、更正の請求もできますのでご安心下さい。

贈与税とは

個人から年間110万円(基礎控除額)を超える財産をもらったときには贈与税がかかります。
贈与税は贈与によってもらったすべての財産にかかります。
この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてが含まれます。
贈与税率は、下記の計算式と税率表より算出されます。

(課税価格-基礎控除額110万円)×税率-控除額=税額

法定相続分に応じる取得金額 税率 控除額
200万円以下 10% -
200万円超 300万円以下 15% 10万円
300万円超 400万円以下 20% 25万円
400万円超 600万円以下 30% 65万円
600万円超 1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円

相続時精算課税制度

この制度は、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め、その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めた贈与税額を控除して納税する制度です。
贈与者は65歳以上の親、贈与を受ける人は20歳以上の子(子が亡くなっている時は、20歳以上の孫)が対象です。
特別控除が2500万円まであり、超えた分には20%の税率が課税されます。a