相続の流れ

相続には、(1)相続人調査 (2)相続関係図作成 (3)相続財産調査(不動産、預貯金など) (4)遺産分割協議書作成 (5)相続財産評価(登記簿謄本、名寄帳、残高証明取得)など諸手続きが必要となります。
この様な手続きを決められた期間に決められた手続きで、しっかりと進める必要があります。相続手続きに関するご相談、アドバイスはお気軽にお問合せ下さい。

おおまかな手続きの流れは、下記をご参照下さい。

相続手続き全体の流れ

被相続人の死亡→相続の開始 被相続人の死亡、失踪届けにより相続が開始されます。
 
遺言書の有無を確認 公正証書以外の遺書があれば家庭裁判所で検認手続きが必要です。
 
相続人調査・確認 法定相続人、遺言書の有無を確認。
 
相続財産調査 不動産・預貯金の他、債務なども含まれます。
 
相続方法の決定 遺産分割協議を前提に相続人全員の話し合いにより分割します。
 
相続税の決定 遺産分割が決定し、相続税の計算をします。
 
財産の名義変更 各種名義変更の書類作成・提出を行います。
 
相続税の申告と納付 相続の開始から10ヶ月以内に税務署に申告、納付しなければなりません。